→中学受験・高校受験の進学塾に関する無料資料請求はこちらから←

中学受験について

中学受験についてですが、入試を受けて、
有名国立・私立中学への進学を目指す
小学生が近年、大幅に増えています。


少子高齢化と叫ばれていたり、
小学生や中学生の学力低下が著しいなどとも
言われたりしている現在ですが、
子供を少しでも教育レベルが高く、
有名な学校へ何とか入学させたい
親の抱く様々な気持ちが感じられます。


中学受験を受ける場合、小学校上級生のときに
進学塾に通うことになるため、それぞれの子供によりますが、
どの家庭も子供も、負担感は少なからずあるでしょう。
その負担感が、塾への月謝だったり、
勉強と受験の子供へ与えるプレッシャーだったり・・・
 

さらに、地元の公立中学に進むよりも、
当然、教育費がかかります。
もちろん、塾へのお金もそれなりにかかるものです。
それでも人気が衰えないのは、入試のある中学校は、
エスカレーター式に進学できる中高一貫校が多いためです。
つまり、高校へは無試験で内部進学できる場合が
多いという事から、中学のうちに受験を済ませてしまおう
と言った考えからきている場合が圧倒的に多い理由です。


また、入試のある中学校は、地域の公立中学校より
教育カリキュラムが整っているため、
高校受験をさせる場合にも有利だと言われています。
事実、塾へ通っている子供と通っていない子供を
比較してみても、塾へ通って更に深く掘り下げた勉強を
進めている子供や進学塾の子は、合格率が高いです。



中学入試をさせるかどうか・・・・・??


中学入試のメリットとデメリットを、
親と子供がよく話し合って、決めていく事が
本当の意味での「受験」であり、「学問」
なのではないでしょうか。

中学受験についてでした。


中学受験の塾選び

中学受験において塾選び は重要であります。
塾のカリキュラムによって、勉強方法が変わるので
自分に適した、かつ、志望校への合格率の高い
塾選びが中学受験を左右すると言っても過言ではないでしょう。
中学受験をするときに、まず頭を悩ますのが塾選びですね。


中学受験の塾といえば、有名どころは、日能研、四谷大塚、SAPIX、栄光ゼミナール、第一ゼミナールといった
ところでしょうか。


いずれも、偏差値の高い有名中学に、
毎年何人もの生徒を合格させている実績があります。
さらには、口コミや無料の資料請求などから、
中学受験における塾選びを行なっている方々もおられます。


中学受験塾選び の善し悪しの判断材料としては、
合格実績の他には、
最新の中学受験情報の収集・分析力。
そして、カリキュラムと教材の質。
教師陣の質と、保護者との連携等でしょう。
その他にも、月謝や地域、通勤手段など、
細かい事をあげたらきりがありませんね(汗)


中学受験の進学塾は、進度がかなり早く、
宿題も多く出るところが多いため、
家での復習も重要であり、塾の勉についていけない
子供も少なくはありません。
そのため、進学塾での勉強の補習のため、
家庭教師をつけている人も以外に多いですね。


塾との相性は、子供のやる気にもかかわってきますので、
どういうスタイルの塾が合うのか、子供の性格等も考え
合わせて決めることが大切です。
中学受験塾選び の方法としては、
インターネットから無料の資料請求などが出来ますので、
是非、参考にしてみてはいかがでしょうか。



中学受験と家庭教師

中学受験家庭教師についてのお話ですが、
中学受験に際しては、塾やゼミ、通信教育など、
学校以外の場でも効率よく受験勉強を進める事が出来る
場所や教材、人材が非常に強く求められています。


こうした中学受験のための受験産業の中でも
メジャーなものの一つが「家庭教師」ではないでしょうか。
一般家庭における家庭教師の割合は、非常に
少ないものですが、特技や技術を求める家庭教師よりも
受験勉強における家庭教師の割合は高いでしょう。


中学受験のための家庭教師には、
大きく分けて二通りあります。
一つは学生などのアルバイト、
もう一つがプロの家庭教師ではないでしょうか。
この二つのタイプの家庭教師は、やはり「一長一短」
と言ったところで、一概にどちらがいいとは
言い切れないのが事実のようです。
私は家庭教師を頼んだ事はありませんが、
アルバイトでもプロでも、それぞれに
メリット、デメリットがあると聞かされます。


家庭教師になるのに特に資格は必要ありませんし、
もし子どもが中学受験に失敗したとしても、
その家庭教師を罰する法律もありません。
ですから、中学受験のために
信用できる家庭教師を雇いたいなら、
特にコネがない場合は、実績のある
家庭教師派遣会社を通すのが無難でしょう。

中学受験家庭教師についてでした。

中学受験の塾選びのポイント

中学受験塾選び のポイントについてですが、
中学受験のための塾には、日能研、四谷大塚、SAPIX、
早稲田ゼミナール、栄光ゼミナール、第一ゼミナール
などの大手の進学塾をはじめとして、
たくさんの塾が競合しながら存在しています。


中学受験のための塾は、
どんな点をポイントにして選んだら良いのでしょうか?


有名中学への合格実績、これは、もちろん外せないでしょう。


次に挙げられるのは、家庭教師等にはない、
最新の受験情報の収集力ではないでしょうか?


偏差値の高い私立中学の入試問題等の傾向は、
毎年変化してきています。
合格率をアップさせるためには、塾で教える内容も、
最新の傾向にマッチしたものでなければ、
毎年変わる入試に対応できないと、保護者の目からも
塾に対する厳しい目が向けられているのかも知れません。



中学受験塾選び のポイントとして、
カリキュラムや教材の良さも挙げられます。


大手有名塾のテキストは、
提携塾で使われていたりしますが、それぞれの塾で
オリジナルの教材を使用しているところもあります。


また、教師の質、生徒や保護者へのきめ細やかな対応も、
塾選びのポイントの一つになると思われます。
生徒、保護者、教師の連携なくして、
年々厳しさを増す中学受験は
乗り切れないと感じてしまいますね。


子供が受験勉強に意欲的に取り組めて学力を伸ばせるような、
子供に合った塾を選びたいものです。
そして、子供にストレスをなるべくかけない、
ノンストレスの中学受験を受けさせてあげれたら良いですね。

中学受験塾選び のポイントについてでした。


中学受験における偏差値の位置づけ

中学受験における偏差値の位置づけについてですが、
「偏差値」という言葉は、学歴重視の現代社会では
もはやお馴染みであり、一般社会に広く
浸透していますね。



“受験あるところに偏差値あり”・・・・・
これは中学受験においても例外ではありません。
もちろん、中学受験のみならず、普段の勉強や
授業、学校教育において、偏差値は気になる所でしょう。


中学校は義務教育なだけに、中学受験というものは
高校受験・大学受験と違って、まだまだ
一般的ではありませんが(主に大都市の私立中学で行われる)、「受験」のある中学校への入学を考えている
子供、保護者としては、やはり志望校の偏差値が
非常に大きく気になる部分ではあるでしょう。


中学受験における偏差値は、高校・大学のそれとは
若干異なります。
そもそも偏差値とは、高校入試における
進路指導のために考案されたもので、
中学受験にはあまり向かないものなのです。
中学受験に偏差値を求める必要はないのですが、
気になる事項であることは間違いないですね(汗)


中学受験では、「偏差値は一つの目安」と割り切って、
あまり偏差値だけを重視しない
中学受験の受験対策を講じることが大切かもしれませんね。


中学受験における偏差値の位置づけについてでした。


→中学受験・高校受験の進学塾に関する無料資料請求はこちらから←