→中学受験・高校受験の進学塾に関する無料資料請求はこちらから←

中学受験における個別指導塾について

中学受験における個別指導塾についてですが、
塾には、大きく分けて、大手進学塾に見られるような、
大人数で行なう講義型の塾(進学塾など・・・)と、
先生と生徒のマンツーマンで行なう個別指導塾とがあります。


中学受験における個別指導塾とは、1対1のマンツーマン、
もしくはそれに近い少人数で、個々のスタイルに合わせた
オリジナルある指導を行う塾のことです。


中学受験における個別指導塾の場合、定期テスト対策など、
学校の補習をする場合が多いですが、時には、
並行して通っている別の進学塾の補習をする場合もあります。
臨機応変に生徒個人個人の能力的な部分にまで
勉強方法を考え変えながら指導できるのが
個別指導塾の良いところかもしれません。


多くの個別指導塾には、先生を指名する事が出来る
システムがあり、相性の良い先生を選ぶことができます。
これは、月謝を払う家庭の生徒や親に選択権があるのは
もちろんの事ですが、個別指導塾の先生にしてみると
人気がなければ厳しい世界でもありますね。


中学受験を控える生徒一人一人のレベルや
ニーズに合ったカリキュラムで、
よく面倒を見てくれるといった点は、
個別指導塾の長所と言える訳であります。


中学受験における個別指導塾の難点やデメリットには、
マンツーマンの場合は特に、家庭教師並みに
授業料が高いということです。


どういうタイプの塾が合うかは、
人によって全く違います。
授業を受ける子供の性格なども考え合わせて、
中学受験における塾を選ぶようにしましょう。


中学受験における個別指導塾についてでした。

→中学受験・高校受験の進学塾に関する無料資料請求はこちらから←