→中学受験・高校受験の進学塾に関する無料資料請求はこちらから←

中学受験と偏差値

中学受験偏差値についてですが、
「偏差値」という言葉は、
今や受験用語として世間一般に普及していますね。


「偏差値」とは、言うまでもなく、
学力を示す一つの目安として使われているため、
中学受験においても、学力や合格率を知るために、
何かと偏差値を気にしがちです。


では、この「偏差値」とは一体どの様に
算出されるのでしょうか。
中学受験において、それほど重要なものなのでしょうか?
中学受験において、偏差値はどれほど必要なのでしょうか?


「偏差値」とは、本来は数学用語で、
ある数値が母集団の中でどれくらいの位置にいるかを
表す無次元数である。
これを受験に応用したのが「学力偏差値」と言う訳ですが、
現在では単に「偏差値」という場合は、
この学力偏差値を指すことが多いようです。


 偏差値は


 (得点-平均点)×10/標準偏差+50


で求められ、得点と平均点がほぼ一緒の場合に
「偏差値50」となります。


しかしこの偏差値、センター試験のような、
大人数が同一の問題のテストを受けるようなケースでは
非常に有効なのですが、中学受験では
センター試験と試験方式が異なるため、
実は偏差値は、あまり学力の目安になってくれません。
意外だと思われる方も多いでしょうが、
中学受験においての偏差値の位置づけは
この様なものなのですね。


中学受験の際は、このような偏差値の性質を理解した上で、
受験対策をしたいものです。
もちろん、中学受験における塾選びの参考程度に
とどめるのもいいでしょうか。

中学受験偏差値についてでした。

→中学受験・高校受験の進学塾に関する無料資料請求はこちらから←